CPS-IIPとは?

社会システムやサービスにおける様々な課題解決に情報技術(IT)の果たす役割が増大しています。人・モノなど実世界の事象が多様なセンサデータにより観測できる状況になっており、データを分析評価した結果を実世界の活動に適切にフィードバックし、新たな価値を創成する技術に期待が集まっています。これがサイバーフィジカルシステム(CPS)の目指すものです。

CPS-IIP(CPS Integrated IT Platform) プロジェクトは、サイバーフィジカルIT統合基盤の研究開発を、国立情報学研究所、北海道大学、大阪大学、九州大学が連携して推進する研究プロジェクトです。

CPS-IIPプロジェクト参画機関

このページの先頭へ