平成25(2013)年度 研究報告会(2014-02-27)

アーカイブ | RSS |
イベント
イベント : 平成25(2013)年度 研究報告会(2014-02-27)
投稿者 : kenro.aihara@nii 投稿日時: 2014-01-27 (5833 ヒット)

「社会システム・サービス最適化のためのサイバーフィジカルIT統合基盤の研究」平成25年度研究報告会

ソーシャルCPSの提案:社会サービスを変革する情報技術



開催趣旨

フィジカル世界(実社会)をサイバー空間に抽象化して社会の様々なリソースの状況把握や管理を行い、それにもとづく社会活動の効率化や人々の満足度の最大化といった社会サービス変革をめざしたサイバーフィジカルシステム(CPS):ソーシャルCPSの検討を進めています。これは実社会を感知する様々なセンサーとデータ収集のためのネットワーク、収集したデータの管理基盤と分析サービス処理基盤、そして実世界へフィードバックするアクチュエータまでを連携したIT統合基盤であり、今後の社会のオペレーションのための情報基盤と位置づけられます。

本プロジェクト「社会システム・サービス最適化のためのサイバーフィジカルIT統合基盤の研究」(【略称:CPS IIP(Integrated IT Platform) プロジェクト】)は、この分野の研究開発を国内でリードする国立情報学研究所、北海道大学、大阪大学、九州大学が連携して推進しています。今回の報告会では、平成25年度全体の活動報告としてIT統合基盤のアーキテクチャやこれを構成する技術、および実社会への効用検証のための諸課題について議論します。

主催

国立情報学研究所

共催

北海道大学知識メディア・ラボラトリー、大阪大学、九州大学

プログラム

開催日時平成26年2月27日(木) 10:00~17:30 (受付開始 午前の部:9:40、午後の部:13:40)
会場 学術総合センター 2階 中会議場
東京都千代田区一ツ橋2-1-2
東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄三田線・新宿線「神保町」A9出口、東京メトロ東西線「竹橋」1b出口 各出口より徒歩5分

時間 内容
10:00-10:15開会挨拶: 安達 淳(国立情報学研究所副所長・教授、研究代表)
来賓挨拶: 下間 康行(文部科学省研究振興局 参事官(情報担当))
10:15-13:00ソーシャルCPS構築のためのアーキテクチャと技術基盤

  • 10:15〜11:15 セッション1「CPSデータ収集機能」
    モデレータ: 東野 輝夫(阪大)
    • 様々なセンサーを活用したキャンパス内の人や車の位置検出技術
      島田 敬士(九大)
    • グランフロント大阪The Lab.に関連した人の位置検出
      山口 弘純(阪大)
    • 実時間道路交通状況取得のためのモバイルセンシング
      猪村 元(北大)
    • 社会規模センシングのためのメディア解析
      佐藤 真一、北本 朝展(NII)、吉岡 真治(北大)

  • 11:15〜12:00 セッション2「CPSデータ管理基盤」
    モデレータ: 安達 淳(NII)
    • キャンパス内アクティビティ計測に向けた異種センサデータの統合プラットフォーム
      五十嵐 正樹(九大)
    • 交通フィジカルデータの蓄積・分析システム
      高須 淳宏(NII)
    • CPS向けのデータアクセス制御技術
      佐藤 一郎(NII)

  • 12:00〜13:00 セッション3「CPSサービス処理基盤」
    モデレータ: 田中 譲(北大)
    • 位置情報データマイニングへの計算的アプローチ~多様化とトラジェクトリデータ~
      宇野 毅(NII)、有村 博紀、猪村 元(北大)
    • 知識メディア技術を基盤とした探索的可視化分析
      ヨーナス・シューベルグ(北大)
    • モバイルセンシング ~個体によるセンシングのためのサービス技術に向けて~
      相原 健郎(NII)、猪村 元(北大)
    • センサー情報の収集とリアルタイムフィードバックのためのアーキテクチャ
      孫 為華、馬場 健一(阪大)
14:00-14:45 キーノート

Prof. Vassilis Christophides (University of Crete)
Data Analytics for the Quantified-Self: A Personal Viewpoint of Social-Cyber-Physical Systems and Big Data

※英語での講演です
Bio:
Prof. Vassilis Christophides is a Professor in the Department of Computer Science, University of Crete and affiliated to the Information Systems Laboratory of the Institute of Computer Science, FORTH. He graduated in 1988 from the Electrical engineering at the National Technical University of Athens (NTUA), Greece. He received his DEA in computer science in 1992 from the University PARIS VI, and his Ph.D. in 1996 from the Conservatoire National des Arts et Metiers (CNAM) of Paris, France. He has been scientific coordinator of a number of research projects funded by the funded by the European Union, the Greek State and private foundations on the Semantic Web and Digital Preservation at the Institute of Computer Science of FORTH. He recently joined Technicolor, R&I Center in Paris with a leave of absence from the University of Crete. He has published over 130 articles in high-quality international conferences, journals and workshops. He has received the 2004 SIGMOD Test of Time Award and the Best Paper Award at the 2nd and 6th International Semantic Web Conference in 2003 & 2007. He will be the General Chair of the upcoming join EDBT/ICDT Conference in 2014 at Athens.

Abstract:
We are witnessing a new kind of lifelogging applications in the context of quantified-self (QS) movement that spans the physical, cyber and social worlds. Individuals act as first-party data producers by constantly monitoring their bodies, practices, emotions, etc. thought a myriad of wearable sensors or mobile applications (e.g., Fitbit, BodyMedia, Jawbone, Nike, etc.). Such fine-grained personal data are aggregated by a dedicated cyber-infrastructure to the QS trackers in the Internet of Things (IoT) and analyzed by vertical applications (e.g., well-being and health). Since they have a direct-value for self-reflection, sense making and healthy behavior change, such personal data are additionally shared, compared and commented by the individuals themselves in the cyber world using third-party applications (e.g., Walgreen, PatientsLikeMe, CureTogether, etc.). However, the value of personal data is not yet fully exploited by their own creators. The emerging IoT bears several similarities with the early days of the WWW: proprietary data formats, data silos and data consumer applications. Individuals are still striving for tools that can help them to gather, manage and make sense of their digital exhaust. In this talk we will survey major QS research projects and highlight research challenges and opportunities for personal data analytics in order to assist individuals in everyday decision making regarding their quality of life.
14:45-16:15社会システム・サービス最適化のためのソーシャルCPSの実証実験構想

  • 14:45〜15:05 「全体構想」安達 淳(NII)
  • 15:05〜15:40 「札幌市における除排雪サービスの効率化に向けたソーシャルCPSの実証実験」田中 譲(北大)
  • 15:40〜16:15 「エネルギー利用の最適化に向けたソーシャルCPSの実証実験」下田 吉之(阪大)、谷口 倫一郎(九大)
16:15-16:30休憩
16:30-17:30パネルディスカッション

「ソーシャルCPSの可能性と実現に向けての課題」
パネリスト: 安達 淳(NII)、田中 譲(北大)、東野 輝夫(阪大)、安浦 寛人(九大)
モデレータ: 今井 和雄(NII)

参加申込

参加費:無料/定員 250名。
こちら の申し込みフォームで受け付けております。開催1週間前にご登録いただいたメールアドレスに参加票をお送りします。

お問い合わせ先

国立情報学研究所 サイバーフィジカル情報学国際研究センター:
cps-event-office[at]nii.ac.jp  ※ [at]を@に置き換えてご送信ください。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

このページの先頭へ